« 「ラナンキュラス」咲いて・・・ | トップページ | 「さくら 桜 サクラ」・・・ »

「芯の強いDNA」・・・

2010_0321_091316img_5341

        桜  花言葉 心の美しさ 精神の美

  桜の蕾が、こんなに膨らんできました。
  今にも咲きそうな感じですね。
  今年は例年に比べて早く満開の時期を迎えそうです。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

  先日とても衝撃を、受けた出来事がありました。
  かつて同じ団地内に暮らし、息子達も、一緒に通学した
  ことのある青年が、自らの命を絶たれました。
  この方をAさんと呼ばせて頂きます。
  Aさんは地元で生活され、結婚もされていました。
  まだ一年足らずの新婚さんでした。
  職場のことで、悩まれていたようです。
  私が持っているイメージでは、とても明るく積極的で
  こんなことをされるような、感じではありませんでした。
  とても優秀な方で、難しい資格もお持ちだったとか。
  育たれたご家庭も、とてもしっかりとしていて
  絵に書いたような、幸せそうなご家庭でした。

2010_0321_091329img_5342

    チラホラ 咲いている蕾もありました。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

  近い年頃の息子を持つ私は、とても衝撃を受けました。
  増してや、離れて暮らしています。
  今とても生きにくい時代です。
  仕事に就けない若者も沢山います。
  仕事に就いたら、それはそれでまた、大変なストレスとの
  戦いでは、ないでしょうかぁ。
  我が家の息子達は、長男は就職4年目を迎えます。
  そして二男は就活中です。
  他人ごとでは、ない気がして鳥肌がたちました。

  Aさんは、とても辛い思いをされていたのでしょうねぇ。
  新婚の奥様を、残して逝かざるしかなかった心情は
  とても苦しまれた末の選択だったと思います。
  でもいくら苦しくてもなんとか生きていて欲しかったです。
  自らの命を絶つことは、絶対にしてはいけないことです。
  自分一人の命では、ないからです。
  自分をこの世に送り出し、ここまで育ててくれたご両親
  まだこれから新しい家族を作って行くはずだった奥様。
  残された者の、悲しみは数十倍にも膨らむと思います。

2010_0301_191256img_5287

 赤いラナンキュラス 花言葉 華やかな魅了 可愛さ
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 私は、夫を病気で亡くしています。
 とても苦しい闘病の末旅立って逝きました。

 夫は、自分の命がそう長くはないことを悟り

 とても苦しんだはずです。  
 死の恐怖との戦いです。
 それはおそらく壮絶なものだったと思います。
 そんな中で、付添をしていた私に夫がふと洩らしました。
 「自分から、命を絶つことだけは絶対にないから」と、
 私は「なんで、そんなことを言うの」と
 答えるしかありませんでした。
 でもなんて強い人なんだろうと、思いました。
 一番辛いのは、自分なのに。
 おそらく残される家族のことを、考えてくれたのでしょう。
 最後の闘病生活は一カ月足らずでした。
 夫の両親 息子達 そして私に 最後の時までの時間を
 精一杯に生きて、別れをさせてくれました。
 とても感謝しています。

 そして息子達が、芯の強いDNAを引き継いでいて

  くれていることを信じています。
 私自身も、夫のこの言葉を心の糧にし
 残りの人生を精一杯に生きて行こうと思いました。

 Aさんのご冥福を心からお祈りいたします。
 とても重い記事になってごめんなさい。

 
 
 
  
  

|

« 「ラナンキュラス」咲いて・・・ | トップページ | 「さくら 桜 サクラ」・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても悲しい話ですね、、、
命について考えさせられます。

今、自分が健康であること、幸せに暮せていること、
小さな悩みはたくさんあれど、また今年も満開の桜に期待を膨らませている環境に感謝します。

投稿: Lara | 2010年3月24日 (水) 08時41分

こんにちわ。。。

外からは見えない 内情があります。
笑顔の裏側に重いモノを背負っていたんでしょうか。

次男坊のバンド仲間が
先日 自殺未遂をしました。
21歳・・・うつ病です。
親御さんと同居で早期発見、命は助かりました。
言葉がでなかったです。

次男坊もうつ状態を経験しており
彼の痛みが解ると言います。
でも『死』を選ぶ事はダメだと認識してます。

本人は苦しみから解放されますが
残された者は一生苦しむ結果になるだけですものね。

とても残念ですが
残された奥様方が
前に向かって歩いていかれる事を願います。

キララさんの息子さんたちは
ご主人の死から
命や生きる意味を教えられたと思います。
DNAは絶対引き継がれてますよっ。

息子さんたちを信じましょ。。。
そして弱った時には
いつでも休める場所を
キララさんが守って下さい。

その場所が
在るか無いかって重要だと思います。
心が休まる 涙を流せる
らしさを取り戻せる場所って
そうは無いですからね。

投稿: | 2010年3月24日 (水) 14時53分


大切な人の死ほど
癒えない傷はないのではないでしょうか…

最近まで勤めていたゴルフ場で
同い年の男の子が、バイク事故で亡くなり
ドラマのようにはいかないのだなぁと
胸が痛くなりました。
事故の相手も、その子の親友も
そしてその子の父親もゴルフ場で勤めていたんです。
未だに私でさえ思い出しては悲しいのに…。

よほど辛い思いがなければ自ら命を絶つことなんてありませんよね。
Aさんはどんな気持ちだったのか…

胸がいっぱいです。


投稿: しほ | 2010年3月24日 (水) 18時22分

 Laraさん コメントありがとう^^

 景気の悪化と共に、自殺者が
 増えているようですね。

 いつ誰が、そうなるか分からない
 怖さがあります。
 感謝の気持ちを忘れずに
 愛してくれた人たちを思い出し
 思い止まって欲しいと思います。

投稿: キララ | 2010年3月24日 (水) 19時47分

こんばんは、キララさん。

私の周囲にも、ご家族を置いて自ら逝かれた方が
何人かいらっしゃいます。
健康でさえいれば、ご両親より後に命を全うする
はずだったのに、親御さんより先に逝かれた方たち
のご家族を目にするのは辛いものです。
どうしようもなく辛い思いだったのかもしれません、
絶望しか感じない程疲れてらしたのかもしれません、
でも非難はできないものの、肯定もできません。
自ら命を断つ事は、遺された者に一生かかっても
解けない謎を与えます。
それによって苦しみを与える権利など、誰にもある
はずがない、そう思います。

生きるという事は、誰であれ何か証を残す事のように
思います。大きな事だけではなく、記憶であったり
次の世代への遺伝子であったり、作品や成果など人に
より様々なものを証として残すのかもしれません。
ご主人さまが残された証は、キララさんやご家族の
中で今も息づいているのでしょうね。
息子さんたちにも、ご主人様の芯の強いDNAとキララ
さんの優しさのDNAはちゃんと引き継がれている、宗
流はそう思います!

投稿: 宗流 | 2010年3月24日 (水) 20時03分

姫さん コメントありがとう^^

 この記事を書こうか止めようかと
 迷いました。
 でも避けては通れないような気持ちでした。
 自分自身もどうなるか分からないし
 家族も同じです。
 息子も私も夫の病魔に命を奪われた
 悔しい気持ちは、分かっているつもりです。
 生かされている命です。
 生きたくても生きれない人も
 沢山います。

 夫の分も生きて行くことが 
 残されて家族の支えになればと
 思っています。

 息子達を信じることで
 私も救われます。
 離れていても、家族で
 支え合えたらと思います。

投稿: キララ | 2010年3月24日 (水) 20時07分

 しほさん コメントありがとう^^

 しほさんも身近な方の死で
 辛い思いをされたのですね。
 事故は突然ですからね。
 朝元気で出かけた筈なのに
 もう元気な姿を見ることは
 出来ない。
 心の準備もないまま突然悲しみに
 襲われる。
 
 ご家族の方の心情を考えると
 たまりません。

投稿: キララ | 2010年3月24日 (水) 20時16分

 宗流さん コメントありがとう^^

 お疲れ様でした。
 親よりも先に逝くことが、一番の
 親不孝に思えます。
 家の夫のように、逃れようのない
 病気で先立つのは、仕方がありません。
 それでも、残された両親を見ていると
 痛々しいものを感じます。
 本来なら知らなくて済む悲しみを
 親に自分の都合で与えてしまう。
 私も与えたくないしもちろん
 与えられたくもありません。

 夫は十分生きたと言える年齢では
 ありませんでしたが、
 2人の息子をこの世に送り出したことが
 生きた証ではないでしょうかぁ。
 そして家族を精一杯に愛してくれた。
 息子達も私もその愛情に
 答えるように命がある限り
 生きて行かなければならないと思います。
 

投稿: キララ | 2010年3月24日 (水) 22時40分

随分と春らしくなりましたね・・・
cherryblossom桜もかなり咲いて来てます~

ブログ読んで・・・mimiは涙が出てきました!
人って、いろんな事背負って生きてるんだな~って、つくずく思います・・

友達の子供が列車に飛び込んで亡くなったのを思い出しました。
大学生でした・・・
お葬式にも行ったのですが、気の毒でみていられませんでした~
今は、ようやく立ち直ってきてるんですが、
しばらく友達は、体調を崩し、後を追うのは・・・・って、心配でした!

キララさんも、息子さんが2人おられるから、気丈に頑張って生きてこられましたね~


悩み事も生きてる限りつきないと思います。


でもでも・・・
たくさんの楽しいことも待ってるはず!!

明るく生きていきましょう・・・ご主人が天国からあたたかい目で見守って下さってますよ!

投稿: mimi | 2010年3月24日 (水) 23時22分

キララさん
おはよございます
びっくりいたしました
親御さん、そして奥さまどれほど衝撃でしょうね
自ら命をたつほどの悩みがあったんやなあっと、無なくなったお人のことなのであんまり、きついこともいいたうないですが。残念でなりません
若い命を、もったいない。
息子を持つ母として、
どんな時代が来てもどこででも地に足つけて行きぬいて欲しいと願います
うちの母も車いすになりましたが、明るく楽しいことを探して時部にできることをリハビリして頑張っておいでです
仲人さんは自分でご飯も食べれないほど衰弱し、お迎えが早く来てほしいと時々叫んで居られますが
与えられた命を全うしようとしています。

息子にはあなたという存在はこの世でたった一人しかいない、変わりはいないといつも言うてるん。
大事な大事な宝。
若い方が希望を持てる世の中であって欲しいですが、どんな時代も強く行きぬいて欲しいです

さて88888突破記念に応募してくださってありがとう。
もっと早くにお礼に伺いたかったけれど痛くってごめんね
今朝痛みが減りました。
いつもありがとう。

投稿: たーぼのはは | 2010年3月25日 (木) 10時13分

キララさん、こんばんは♪
とても悲しい出来事でしたね。
息子さんはびっくりされた事でしょう。
私も学生時代に同級生や先輩の自殺が続いたことがあります。
思春期の私達にとってはとてもショッキングなことでした。
お葬式での親御さんの震えていた姿が目に焼きついています。
生きていればいろいろな可能性が残されていたに違いないのに悔しいことです。
残された者はなぜ気付いてやれなかったか、助けられなかったかとずっと想いを抱えて生きなくてはいけないのに。
そんな家族は痛々しくて見るに耐えませんでした。
命は他人はもちろん、自分の命ももなにものよりも大切なもの。
今の世の中、何かが足りない気がします。
キララさんの息子さんは大丈夫!
我が家も信じてあげるしかないですね。

投稿: wazowazo | 2010年3月26日 (金) 20時33分

mimiさん コメントありがとう^^

 こちらは今日は久しぶりに
 快晴です。
 気持ちの良い朝です。

 生きていれば色々なことが、あります。
 でも生きていればこそです。

 苦しく辛い思いに耐えていれば
 きっと春は来ると思います。

 mimiさん 心強いコメントありがとう^^

 これからも前向きに生きて
 生きたいと思います^^

投稿: キララ | 2010年3月27日 (土) 09時55分

 たーぼのははさん コメントありがとう^^

 いつも楽しい企画ありがとうございます。

 特に若い人たちには、自分は掛け替え
 のない存在であることに、気がついて
 もらいたいですね。
 生きてさえいれば、なんとかなるものだと
 思います。
 家も息子達には機会あるごとに
 言って聞かしています。
 帰る家はあるから、どうしても
 辛い時は帰ってくるようにと。
 そう言える母でいようと
 それもまた私の支えになっております。

 ははさんのお母様の気丈なお姿
 思い浮かべ励まされました。
 ありがとうございました^^

投稿: キララ | 2010年3月27日 (土) 10時04分

 wazowazoさん コメントありがとう^^

 お疲れ様です。
 こちらはまた寒さがぶり返して
 きました。
 桜の花も足踏み状態です。

 息子達にはこのことは、まだ話していません。
 おそらく聞いたらすごく驚いて
 動揺すると思います。
 それほどこんなことからは
 程遠いイメージだからです。
 人の心の底は誰にも見ることは
 出来ません。例え肉親でも。
 色んな気持ちと戦いながら
 日々生きているのもみんな
 同じです。
 今二男は人生最初の大きな試練と
 戦っています。
 挫けそうな気持ちの時もあると
 思います。
 私もこの二男の姿を心の支えに
 頑張りたいと思います。
 wazowazoさんも無理をしないように
 してくださいね^^

投稿: キララ | 2010年3月27日 (土) 12時15分

おはよ~~~~

桜はいかがですか?
ちらほらして来ましたか?
春の花って、雪の日も木枯らしの日も耐えて咲くからこそ美しいねんやろうね

今日も楽しもうね

投稿: たーぼのはは | 2010年3月28日 (日) 06時58分

 たーぼのははさん コメントありがとう^^

 こちらの桜も少し咲いて来ました。
 昨日も冷たい雨に打たれて
 寒そうでした。

 ははさん ありがとう^^

投稿: キララ | 2010年3月29日 (月) 08時46分

キララさん、母のことも優しいコメントありがとう
嬉しかったです

投稿: たーぼのはは | 2010年4月 1日 (木) 11時26分

たーぼのははさん コメントありがとう^^

 こちらこそ
 いつもありがとうございます。

 桜が満開です^^

投稿: キララ | 2010年4月 3日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ラナンキュラス」咲いて・・・ | トップページ | 「さくら 桜 サクラ」・・・ »